「パパとムスメの7日間」2007年版/2022年版 キャスト比較

原作

「パパとムスメの7日間」五十嵐貴久

2年後を描いた続編


作者の執筆動機は、
2003年米映画「フォーチュン・クッキー」を観て、
もっと面白い入れ替わりものを書きたいという思いから、
大林宣彦監督の「転校生」を参考にした。


キャスト比較表


パパとムスメの7日間

※大杉健太役はどちらもジャニーズ。


2007年版ドラマ


2007年7月期、TBS「日曜劇場」で全7回で放送。
主演は舘ひろし。
平均視聴率13.9%。最高視聴率は16.7%。

第1話に、2人が映画「転校生」を参考にして
入れ替わりを元に戻すため、階段から転げ落ちるシーンがある。
2007年版「パパとムスメの7日間」DVD


2022年版ドラマ


2022年7月からTBS深夜ドラマ枠で放送。
主演は、飯沼愛。
脚本は2007年版と同じ新井修子が担当。



<その他リメイク映画>

ベトナム版「パパとムスメの7日間」DVD
※日本人監督がベトナムで制作。
母親は亡くなっており7回忌の日に入れ替わってしまう。
※ムスメ役チョン・ソミン。パパ役ユン・ジェムン。



スポンサーサイト



「梨泰院クラス」「六本木クラス」キャスト比較

原作漫画


チョ・グァンジン原作の漫画「梨泰院クラス」を、
日本の設定に置き換えられた漫画
「六本木クラス〜信念を貫いた一発逆転物語〜」


【キャスト比較表】
梨泰院クラス六本木クラスキャスト比較


梨泰院クラス


主演、パク・ソジュン
2020年、韓国のケーブルテレビ局JTBCで放送。
最終回視聴率は16.5%。初回は4.9%だった。
JTBC史上3位、韓国ケーブルテレビ史上7位。
Netflixオリジナル作品として配信。


※パク・ソジュンと「花郎」で共演し、
親交のあるBTS・VがOSTに参加。
パク・ソジュンが直接Vにお願いし実現。




六本木クラス


主演、竹内涼真
2022年7月7日からテレビ朝日系で全13話で放送予定。

日韓共同プロジェクトとしてリメイクドラマ化。
漫画「梨泰院クラス」の原作者で、
ドラマの脚本も担当したチョ・グァンジンや
演出のキム・ソンユン監督、ドラマを制作したSLL、
原作漫画の版元カカオエンターテインメントが全面協力。

平手友梨奈の起用は、平手の映画初出演・初主演映画
「響-HIBIKI-」を見た原作者チョ・グァンジンの推薦。



「金田一少年の事件簿」歴代ドラマ キャスト比較表

【原作】


【キャスト比較表①】


主なキャスト&「学園七不思議殺人事件」キャスト
金田一少年の事件簿
※役名は一部変更もありますが、初代に合わせています。

金田一一役と、佐木役は、
ジャニーズ事務所所属のアイドルが代々演じている。

堂本剛と松本潤の連続ドラマ初主演作。
不動高校の男子の制服は、初代と四代目が同じデザイン。

佐木竜太と竜二は兄弟。
原作では、兄竜太は「異人館ホテル殺人事件」で犯人に殺されており、
その後「金田一少年の殺人」から、弟の竜二が登場している。


【キャスト比較表②】


「金田一少年の殺人」キャスト比較 ※5/31追記
金田一少年の殺人キャスト比較


【キャスト比較表③】


「首狩り武者殺人事件」キャスト比較 ※6/13追記
金田一首狩り武者殺人事件キャスト比較


 初代 堂本剛 



2022年7月27日に、Blu-ray BOX発売。
SPドラマと連ドラ第1・2シリーズ計18話収録。
※「異人館村殺人事件」は未収録。(下記参照)


<単発>

1995年4月放送。視聴率16.7%。

<第1シリーズ>
1995年7月期放送。全8話。
平均視聴率23.9%。最高視聴率は最終話の29.9%。

連ドラ1話の「異人館村殺人事件」は、
島田荘司の小説「占星術殺人事件」のトリックと指摘され、
トリックの使用許可は得たが、映像化は許可されず、
DVDには収録されていない。

初盤VHSのみに収録
連ドラ第1話「異人館村殺人事件」VHS

スペシャル
1995年12月放送。視聴率23.7%。

終盤に、次クールのドラマ
主役 堂本光一が出演。

<第2シリーズ>
1996年7月期放送。全9話。
平均視聴率22.4%。最高視聴率は最終話の27.8%。
第7話に、堂本光一主演のドラマ「銀狼怪奇ファイル」の生徒役、
三宅健がゲスト出演している。

<映画>
1997年12月公開。
撮影は上海でされたが、
中国の警察が日本の探偵に負けるという内容が問題となり、
中国での上映が禁止された。(香港と台湾では公開)


 二代目 松本潤 



美雪役の鈴木杏は、初代の第2シリーズに別の役で出演している。
※比較表②参照

<単発>
2001年3月25日放送。視聴率18.1%。
松本潤は、放送前に初代金田一役の堂本剛の出演ドラマ
「向井荒太の動物日記 〜愛犬ロシナンテの災難」最終回(3/17)の
おまけシーンに出演している。

高遠役の藤井は、単発『魔術列車殺人事件』と
連ドラ9話「露西亜人形殺人事件」のみ出演。

<連ドラ>
2001年7月期放送。全9話。
平均視聴率13.7%。最高視聴率は最終話の16.5%。
松本潤版「金田一少年の事件簿」SP&連続ドラマ


 三代目 亀梨和也 



<単発>
2005年9月放送。視聴率18.6%。
田中聖と中丸雄一が、陸上部員役で出演。

ずっとソフト化していなかったが、
2022年10月5日にBlu-rayとDVD発売決定!
(田中・中丸出演シーンカットの再編集版)


 四代目 山田涼介 



「香港九龍財宝殺人事件」、
「獄門塾殺人事件」の脚本は、原作者の天樹征丸。

<単発>
2013年1月放送。視聴率14.8%。
SPドラマ「香港九龍財宝殺人事件」

<単発>
2014年1月放送。視聴率9.1%。
SPドラマ「獄門塾殺人事件」

<連ドラ>
2014年7月期放送。全9話。
平均視聴率10.5%。最高視聴率は初回の12.4%。
剱持と真壁は連ドラから出演。


 五代目 道枝駿佑 



2023年1月18日DVD-BOX/Blu-ray BOX発売

2022年4月期「日曜ドラマ」枠で放送。
連続ドラマとしては8年ぶり。

金田一一役は、なにわ男子の道枝駿佑。
道枝駿佑にとって、連続ドラマ単独初主演作。
道枝がジャニーズ事務所に入るきっかけとなった作品が、
山田涼介主演の「金田一少年の事件簿N(neo)」。

七瀬美雪役は上白石萌歌。
上白石は、山田版金田一の
第1話「銀幕の殺人鬼」に別の役で出演している。

佐木竜太役は岩﨑大昇(ジャニースJr./美 少年)。

4月24日、第1話「学園七不思議殺人事件」放送。
初代の堂本剛が連ドラ放送前のSPドラマで放送した事件。
※比較表①に付け加えました。

6月5日放送、第6話
「金田一少年の殺人」も初代で実写化された事件。
(連続ドラマ第2シリーズ)
※比較表②参照

6月19日放送予定の「首狩り武者殺人事件」も
初代でも実写化。(連続ドラマ第1シリーズ)
初代の事件名は「首無し村殺人事件」だった。
※比較表③参照。
原作は「飛騨からくり屋敷殺人事件」。

原作者の天樹征丸の名は、
登場人物の「巽征丸」から由来している。



ジャニーズ関連比較記事

※歴代金田一役と美雪役の身長と血液型も比較。



ジャニーズ出演 キャスト比較記事



NHK大河ドラマ ジャニーズ主演作品

ジャニーズ主演 NHK大河ドラマ作品まとめ


2023年に放送が予定されている、
「どうする家康」を含んだ全62作のうち、
ジャニーズ事務所タレントの大河ドラマ主演作は、
全部で5作。2004年、2005年は連続。
滝沢秀明以外は、大河ドラマ初出演で主演。

<大河ドラマ 関連記事>


【ジャニーズ主演 大河ドラマ】
NHK大河ドラマジャニーズ主演作品


東山紀之主演「琉球の風」

※ソフト化していない。
平均視聴率17.3%。最高視聴率24.1%。
沖縄での初回放送の視聴率は82%。

東山紀之は、大河ドラマ初出演で主演。

1991年1月10~6月13日までの放送で
大河ドラマ唯一の半年間(全23回)の放送。
大河初の沖縄が舞台で、主人公は架空の人物。
江戸初期、薩摩藩に侵攻された琉球王国の人々を描いた作品。


香取慎吾主演「新選組!」


初回視聴率が全話の中の最高で26.3%。
平均視聴率は17.4%だった。

香取慎吾は、大河初出演で主演。

三谷幸喜の大河ドラマ初脚本作品。
原作が歴史小説ではなく、三谷オリジナル脚本で、
史実と異なる部分が多い。

草彅剛が榎本武揚役で出演。


滝沢秀明主演「義経」


最高視聴率は26.9%。平均は19.4%。
滝沢秀明は大河ドラマ出演は2作目。
※初出演は「元禄繚乱」で、
吉良上野介の養子・吉良義周役。

放送開始時22歳は、単独主演最年少記録だった。
※のちに「篤姫」で、宮崎あおいが更新。
※その前の記録は同じ題材を扱った
「源義経」の尾上菊之助の23歳だった。

那須宗高(与一)役で今井翼が出演。


岡田准一主演「軍師官兵衛」


初回視聴率18.9%。最高視聴率19.4%。

岡田准一は大河初出演で主演。

1996年「秀吉」で主演秀吉を演じた
竹中直人が秀吉役で出演。

官兵衛の家臣・栗山善助役を演じた濱田岳は、
2020年の「麒麟がくる」で官兵衛役を演じた。

キリシタン大名・高山右近役で生田斗真が出演。


松本潤主演「どうする家康」

※2023年放送予定。2022年夏クランクイン予定。

家康が主人公の大河ドラマは、

松本潤は、大河初出演で主演。

織田信長役に、2014年「軍師官兵衛」で
主演を務めた岡田准一が演じる。

その他、
豊臣秀吉役にムロツヨシ。今川義元役に野村萬斎。
武田信玄役に阿部寛。
家康の正室・築山殿に有村架純。
家康の側室で、秀忠の生母・於愛の方に広瀬アリス。

今後のキャストの発表が、とても楽しみです。
石田三成と明智光秀を、誰が演じるのか気になります。
もっと気になるのは、松本潤、岡田准一の他に、
ジャニーズ所属タレントの出演はあるかどうか。


NHK大河ドラマ 歴代視聴率一覧&ランキング

歴代NHK大河ドラマ 視聴率一覧


NHK大河ドラマの、1作~60作の視聴率一覧表です。
(初回視聴率、最高視聴率、平均視聴率)

全60作の視聴率ベスト5とワースト5、
2000年以降の視聴率ベスト4をまとめました。

<大河ドラマ キャスト比較記事>


【大河ドラマ 視聴率一覧表】
NHK大河ドラマ視聴率


大河ドラマ 平均視聴率ベスト5


1位 39.7% 「独眼竜政宗」(1987年)
最高視聴率は最終回の47.8%で、歴代3位。
豊臣秀吉役の勝新太郎唯一の大河ドラマ出演作。

2位 39.2% 「武田信玄」(1988年)
最高視聴率は39.2%で、歴代2位。
主演の中井貴一は大河初出演で主演を務めた。

3位 32.4% 「春日局」(1989年)
最高視聴率は39.2%で、歴代6位。
初回視聴率が歴代最低の14.2%。
これは初回放送が元日だったため。
原作・脚本 橋田壽賀子。

4位 31.9% 「赤穂浪士」(1964年)
最高視聴率は、討入りが放送された
第47話で、歴代1位の53.0%を記録。

5位 31.8% 「おんな太閤記」(1981年)
最高視聴率も高く、36.8%。
原作・脚本 橋田壽賀子。
※橋田原作の大河3作のうち2作がベスト5入り。
残り1作の「いのち」の平均視聴率は29.3%。


大河ドラマ 平均視聴率ワースト5


1位 8.2% 「いだてん」(2019年)
最高視聴率は初回の15.5%。
10%を超えていたのは、第5話までで、
第6話から最終話まで10%を超えなかった。

2位 12.0% 「平清盛」(2012年)
最高視聴率は第2話の17.8%。
全50話のうち、視聴率一桁台が9回。

2位 12.0% 「花燃ゆ」(2015年)
最高視聴率は初回の16.7%。
主演の井上真央は大河初出演で主演を務めた。

4位 12.7% 「西郷どん」(2018年)
最高視聴率は第5話の15.5%。
全47話のうち、視聴率一桁台が1回(9.9%)。
その回は、台風関連ニュースのため、
放送が1週繰り延べになった回だった。

5位 12.8% 「おんな城主直虎」(2017年)
初回の16.9%が最高視聴率。

※5作品のうち3作が、初回の視聴率が一番良い。
他2作も5話以前が最高視聴率。


2000年以降 大河ドラマ視聴率ベスト4

※2000年以降、
平均視聴率が20%を超えた作品は4作品のみ。

1位 24.5% 「篤姫」(2008年)
最低視聴率は、初回の20.9%。
最高視聴率29.2%は、2000年以降の作品で1位。
幕末が舞台の大河ドラマで過去最高の視聴率。

2位 22.1% 「利家とまつ」(2002年)
2000年以降の作品で、初回と最高視聴率が2位。
まつ役の松嶋菜々子と織田信長役の反町隆史が、
放送前年に入籍しており、共演が話題になった。

3位 21.2% 「天地人」(2009年)
映像作品初の直江兼続が主人公の作品。
妻夫木聡は大河ドラマ初出演で初主演。

4位 20.9% 「功名が辻」(2006年)
初回視聴率が、2001年「北条時宗」以来
20%を超えず19.8%と低かったが持ち直した。
第39話に前田利家役で唐沢寿明がゲスト出演。


「大河ドラマ50作 パーフェクトガイド」
※第1作「花の生涯」から第50作「江」まで。
名場面や名台詞、ドラマヒストリー、
大河ドラマ検定、殺陣師インタビュー等充実の1冊。


フリーエリア

最新記事

アルバム

フリーエリア


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ