「こんにちは、母さん」ドラマ版/映画版 キャスト比較

「こんにちは、母さん」キャスト比較



【原作】
「こんにちは、母さん」永井愛

劇作家で演出家の永井愛が、
2001年に新国立劇場からの委嘱により書いた戯曲。
2001年舞台と2007年ドラマの母と息子役は同じ。

<2001年舞台のキャスト>
母・神崎福江:加藤治子
息子・神崎昭夫:平田満
荻生直文:杉浦直樹

※山田洋次監督は、この舞台を見て
映画化の検討に入った。


【キャスト比較表】
こんにちは、母さんキャスト比較


 2007年ドラマ 


2007年5~6月、
NHK「土曜ドラマ」枠で全4話で放送。
日本を代表する劇作家・永井愛の
名作舞台のドラマ化。

母・神崎福江:加藤治子
息子・神崎昭夫:平田満

荻生直文:児玉清
※大学教授を引退し、
カルチャーセンターで源氏物語を教えている。

直文の息子とその妻役に、
益岡徹、竹下景子。


 2023年映画 



2023年9月公開。
監督:山田洋次。主演:吉永小百合。

山田洋次監督90作目の作品で、
吉永小百合とは6作目となる作品。

「母べえ」「母と暮せば」に続く、
「母3部作」の集大成となる作品。

母・神崎福江:吉永小百合
息子・神崎昭夫:大泉洋
昭夫の娘・舞役:永野芽郁

荻生直文:寺尾聰
※ドラマ版では元大学教授だったが、
映画では、向島教会の牧師役。

※ドラマ版での番場の名前はさゆりだったが、
吉永小百合の名と同じためか
百惠に変更となっている。


第47回日本アカデミー賞、
優秀作品賞、優秀脚本賞(山田洋次、朝原雄三)、
優秀主演女優賞(吉永小百合)、
優秀助演男優賞(大泉洋)、
優秀助演女優賞(永野芽郁)。
※2024年3月8日に授賞式が行われる。


スポンサーサイト



「愛を乞うひと」映画版/ドラマ版 キャスト比較

「愛を乞うひと」キャスト比較


1998年映画と2017年ドラマのキャスト比較


【原作】

下田治美の長編小説。
1992年8月、情報センター出版局から刊行され、
1993年4月、角川文庫より文庫化された。


【キャスト比較表】
愛を乞うひとキャスト比較


 1998年映画 



1998年9月公開。監督:平山秀幸。
主演:原田美枝子(一人二役)。

映画のクライマックスで照恵が、
長く連絡を絶っていた母・豊子と
再会するシーンがあるが、これは原作にはない。

プロデューサーの木村典代が、
原作者の下田を四時間説得し受け入れさせた。

第22回日本アカデミー賞最優秀作品賞受賞。
最優秀監督賞(平山秀幸)
最優秀脚本賞受賞(鄭義信)
最優秀主演女優賞(原田美枝子)

その他、数多くの映画賞を受賞した。


 2017年ドラマ 


ドラマ「愛を乞うひと」

2017年1月、日本テレビ系列で放送。
文部科学省選定スペシャルドラマ。
主演:篠原涼子(一人二役)

役名が原作や映画とは違うキャストがある。
陳文雄 → 陳文英
王東谷 → 許育徳
王はつ → 許はつ

※平成29年度文化庁芸術祭
「テレビ・ドラマ部門」優秀賞
※平成29年日本民間放送連盟賞
「番組部門 テレビドラマ番組」優秀賞


「火垂るの墓」アニメ/ドラマ/映画 キャスト比較

「火垂るの墓」キャスト比較


「火垂るの墓」のアニメと実写化された際の
各キャストと作品を比較。


【原作】

野坂自身の戦争体験を題材とした短編小説。
実際、野坂は幼児期に生母と死別。
叔母夫婦の養子となったが、
昭和20年6月の神戸大空襲で家は全焼。
養父は空襲で行方不明、
義母は大怪我をしたものの健在。

親戚の家に世話になった際には、
小説のようなひどい扱いは受けていない。

野坂には2人の妹がいた。(野坂とは血の繋がりなし)
上の妹は空襲前に病気で死去。
下の妹は空襲後、食糧難に陥ったこともあり
食べ物の世話等せず、看取られることなく餓死。

下の妹への贖罪と鎮魂の思いを込めて書かれた。
「節子」という名は野坂の亡くなった養母の名前。


【キャスト比較表】
火垂るの墓アニメドラマ映画キャスト比較


 アニメ 


1988年4月公開。スタジオジブリ制作。
監督・脚本:高畑勲。

節子役は、オーディションによって
白石綾乃(当時5歳)が選出。

「演者の発声のタイミングやアクセント、
息づかいまで絵作りに活かしたい」という
監督の思いから、声を収録した後に絵を完成させる
プレスコで収録を行った。

現在までに13回テレビ放送されており、
最高視聴率は、2001年の21.5%。
最低視聴率は、13回目の2018年の6.7%。


 ドラマ 



2005年11月、日本テレビ系で放送。
視聴率は21.2%。

主人公は、清太と節子の叔母・久子役の松嶋菜々子。
清太と節子の母・京子とは従姉妹の関係。

久子は清太達に最初は好意的であったが、
夫の戦死後、娘なつ(井上真央)に
「鬼」と言われてしまうほど変わってしまう。

娘なつの60年後を岸恵子が演じている。
岸が語り部として回想する形で物語が進んでいく。
井上は、なつと岸の孫の恵子の2役を演じている。


 映画 



2008年7月公開。監督:日向寺太郎。

叔母役の松坂慶子は、清太と節子に辛く当たる
役であることから一度はオファーを断った。
原作やアニメ映画とは違い、叔母と清太達との
折り合いは、最初から最後まで悪い。

今作映画では、節子は火葬ではなくに土葬。


「東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜」映画/ドラマ 3作キャスト比較

「東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜


ドラマ2作と映画の
キャストを比較表にまとめました。


リリー・フランキーが母親との半生を綴った小説。
2006年10月200万部突破。第3回本屋大賞を受賞。
2006年年間ベストセラー」総合3位。


【キャスト比較表】
東京タワーキャスト比較


 2006年ドラマ 


ボク:大泉洋
オカン:田中裕子、オトン:蟹江敬三

2006年11月、2時間の単発ドラマとして放送。
大泉洋、ゴールデンドラマ初主演作。

久世光彦ドラマのファンだったリリー・フランキーは、
多数のオファーの中から久世に演出をお願いした。
しかし、クランクイン前に久世が急逝。
意志を引き継ぐ形で西谷弘が勤めた。

当初は7月放送予定だったが、重要な役を演じいた
山本圭一の不祥事により放送延期に。
塚地武雅が代役として全てのシーンを録り直して
11月に放送された。視聴率は15.4%。

映画版でオカン役とオトン役の
樹木希林と小林薫が別役で出演している。


 2007年ドラマ 


ボク:速水もこみち
オカン:倍賞美津子、オトン:泉谷しげる

2007年1月期、フジテレビ月9枠で連ドラ放送。
平均視聴率14.9%。最高視聴率は最終回の18.1%。


 2007年映画 


ボク:オダギリジョー
オカン:樹木希林、オトン:小林薫
※オカンの若い頃の役を、
 樹木希林の実の娘内田也哉子が演じた。

2007年4月公開。
第31回日本アカデミー賞最優秀作品賞受賞作品。

オカン役の樹木希林が最優秀主演女優賞、
オトン役の小林薫が最優秀助演男優賞を受賞。
松岡錠司監督、脚本松尾スズキも最優秀賞獲得。

他映画賞を多数獲得していた
不正操作の疑いがかかった。

最優秀賞を受賞している樹木希林は、
受賞時「結果がおかしい」と言い、
雑誌のインタビューでも異議を唱えている。


第46回(2023年) 日本アカデミー賞 優秀作品賞5作

優秀作品賞 5作品紹介


【第46回(2023) 最優秀作品賞】が
3月10日に決定しました。

<日本アカデミー賞 最優秀作品賞一覧>


「ある男」が8冠獲得。
表は色をつけてノミネートと最優秀賞をまとめ直し、
各作品説明の俳優名と技術賞の横にを付けました。

最優秀主演女優賞は
「ケイコ 目を澄まして」主演 岸井ゆきのさんが
獲得されました。※3/11更新


【各部門受賞比較表】※オレンジが最優秀賞
最優秀作品賞決定


 「ある男」2022年11月公開 



主演:妻夫木聡、監督、石川慶

里枝(安藤サクラ)は離婚後、子供を連れて故郷に帰り、
大祐(窪田正孝)と再婚。
新たに生まれた子供と4人で暮らしていたが、
大祐は不慮の事故で亡くなってしまう。
遺影を見た大祐の兄・恭一(眞島秀和)は、
弟ではないと衝撃的な事実を告げる。
愛したはずの夫は、まったくの別人だった。

里枝から亡くなった大祐の身辺調査を依頼された
弁護士・城戸は(妻夫木聡)は、驚くべき真実に近づいていく。

日本アカデミー賞 12部門13賞受賞
優秀主演男優賞:妻夫木聡
優秀助演男優賞:窪田正孝
優秀助演女優賞:安藤サクラ、清野菜名

作品賞、監督賞、脚本賞、撮影賞、照明賞、
音楽賞、美術賞、録音賞、編集賞


 「シン・ウルトラマン」2022年5月公開 


「シン・ウルトラマン」

主演:斎藤工、監督:樋口真嗣
脚本:庵野秀明

1966年放送の特撮ドラマ「ウルトラマン」
現在の時代に置き換えたリブート映画。

巨大不明生物「禍威獣(カイジュウ)」が出現し、
被害が発生。日本政府は禍威獣特設対策室設立。

禍威獣の出現時、大気圏外から飛来した謎の巨人が
これを撃退して去っていく。
禍特対の神永新二(斎藤工)は、巨人が
飛来した際に逃げ遅れた子どもをかばい、死亡。

巨人は、神永の自己犠牲を見て人類に興味を示し、
神永と一体化する。

日本アカデミー賞 7部門受賞
作品賞、監督賞、撮影賞、照明賞
美術賞、録音賞、編集賞


 「月の満ち欠け」2022年12月公開 


主演:大泉洋、監督:廣木隆一

仕事も家庭も順調だった小山内(大泉洋)。しかし、
愛する妻(柴咲コウ)と娘・瑠璃(菊池日菜子)を
不慮の事故で失ってしまう。

深く悲しむ小山内のもとに、三角(目黒)が訪ねてくる。
事故に遭った日、小山内の娘が面識のないはずの
自分に会いに来ようとしていたと。そして彼女は、
かつて自分が愛していた「瑠璃」という女性の
生まれ変わりなのではないかと告げる。

日本アカデミー賞 9部門受賞
優秀主演男優賞:大泉洋
優秀助演男優賞:目黒蓮
優秀助演女優賞:有村架純

作品賞、監督賞、脚本賞、
音楽賞、録音賞、編集賞


 「ハケンアニメ!」2022年5月公開 


主演:吉岡里帆、監督:吉野耕平

連続アニメ『サウンドバック 奏の石』で、
監督デビューした斎藤瞳(吉岡里帆)。
最大のライバルは、同時間に放送されている、
瞳も憧れる天才監督・王子千晴(中村倫也)の
復帰作『運命先生リデルライト』。

同クールで制作された多くのアニメの中で、
一番成功したものに贈られる言葉、
「覇権(ハケン)」を争う戦いが繰り広げられる。

日本アカデミー賞 9部門受賞
優秀主演女優賞:吉岡里帆
優秀助演男優賞:柄本佑
優秀助演女優賞:尾野真千子

作品賞、監督賞、脚本賞、
音楽賞、美術賞、編集賞


 「流浪の月」2022年5月公開 



主演:広瀬すず・松坂桃李、監督:李相日

家に帰りたくない10歳の少女更紗(白鳥玉季)。
少女の事情を察した孤独な大学生の文(松坂桃李)は、
彼女を自宅に招き入れる。
自分の居場所を見つけて喜びを実感する更紗。

しかし、逮捕によって幸せの時間は終わり
誘拐犯と被害女児となった二人。
15年後、文と更紗(広瀬すず)は偶然の再会を遂げる。

日本アカデミー賞 6部門受賞
優秀主演男優賞:松坂桃李
優秀主演女優賞:広瀬すず
優秀助演男優賞:横浜流星

作品賞、撮影賞、照明賞



PR

当ブログは、アフィリエイト広告を利用しています。

最新記事

アルバム

フリーエリア


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

「Amazonのアソシエイトとして、当メディアは適格販売により収入を得ています。」