「火垂るの墓」アニメ/ドラマ/映画 キャスト比較

「火垂るの墓」キャスト比較


「火垂るの墓」のアニメと実写化された際の
各キャストと作品を比較。


【原作】

野坂自身の戦争体験を題材とした短編小説。
実際、野坂は幼児期に生母と死別。
叔母夫婦の養子となったが、
昭和20年6月の神戸大空襲で家は全焼。
養父は空襲で行方不明、
義母は大怪我をしたものの健在。

親戚の家に世話になった際には、
小説のようなひどい扱いは受けていない。

野坂には2人の妹がいた。(野坂とは血の繋がりなし)
上の妹は空襲前に病気で死去。
下の妹は空襲後、食糧難に陥ったこともあり
食べ物の世話等せず、看取られることなく餓死。

下の妹への贖罪と鎮魂の思いを込めて書かれた。
「節子」という名は野坂の亡くなった養母の名前。


【キャスト比較表】
火垂るの墓アニメドラマ映画キャスト比較


 アニメ 


1988年4月公開。スタジオジブリ制作。
監督・脚本:高畑勲。

節子役は、オーディションによって
白石綾乃(当時5歳)が選出。

「演者の発声のタイミングやアクセント、
息づかいまで絵作りに活かしたい」という
監督の思いから、声を収録した後に絵を完成させる
プレスコで収録を行った。

現在までに13回テレビ放送されており、
最高視聴率は、2001年の21.5%。
最低視聴率は、13回目の2018年の6.7%。


 ドラマ 



2005年11月、日本テレビ系で放送。
視聴率は21.2%。

主人公は、清太と節子の叔母・久子役の松嶋菜々子。
清太と節子の母・京子とは従姉妹の関係。

久子は清太達に最初は好意的であったが、
夫の戦死後、娘なつ(井上真央)に
「鬼」と言われてしまうほど変わってしまう。

娘なつの60年後を岸恵子が演じている。
岸が語り部として回想する形で物語が進んでいく。
井上は、なつと岸の孫の恵子の2役を演じている。


 映画 



2008年7月公開。監督:日向寺太郎。

叔母役の松坂慶子は、清太と節子に辛く当たる
役であることから一度はオファーを断った。
原作やアニメ映画とは違い、叔母と清太達との
折り合いは、最初から最後まで悪い。

今作映画では、節子は火葬ではなくに土葬。


スポンサーサイト



「はだしのゲン」映画版/ドラマ版 キャスト比較

「はだしのゲン」映画とドラマのキャストを比較


【原作】

作者自身の被爆体験が基になっている。
2018年9月時点で累計発行部数は1000万部を突破


【キャスト比較表】
はだしのゲンキャスト比較


 映画 


映画「はだしのゲン」第1作~第3作

初の映像化作品。監督:山田典吾。
映画3作は、同脚本・同監督・同製作で作られた。

1976年>第一作
1976年映画「はだしのゲン」

広島への原爆投下までが描かれている。
ゲンの父親役に三國連太郎。

<1977年>第2作

原爆投下直後が描かれている。
母・君江の幼馴染、林キヨ役で市原悦子出演。


<1980年>第3作

被爆後の二年間の出来事が描かれている。
前作で町内会長役だったケーシー高峰が、
今作では和尚役で出演。
赤塚不二夫とタモリが特別出演している。


 ドラマ 



2007年8月、フジテレビで2夜連続で放送。
視聴率は、前半18.2%・後半20.5%。

ゲンの父親:中井貴一、母親:石田ゆり子

ゲンの弟の進次と、進次と瓜二つの竜太を、
今井悠貴が二役演じている。

冒頭とラストには年老いた中岡元(山本學)が登場し、
現代の広島平和記念公園を訪れ、
自らの過去を回想する形で物語が進行していく。


<関連記事>


ひめゆり学徒隊を扱った映像作品

ひめゆり学徒隊


1944年12月、沖縄県で日本軍が行った
看護訓練によって作られた女子学徒隊のうち、
沖縄師範学校女子部と沖縄県立第一高等女学校の
女子生徒222人と教師18名の計240名で構成。

米軍の沖縄上陸を目前に控えた1945年3月23日、
沖縄陸軍病院に看護要員として動員。
※病院は建物ではなく、丘に掘られた約30の人工壕。

負傷兵の治療や世話(食事の補助・汚物の処理)、
食糧や薬品運搬、水汲み、死体埋葬等を行った。

米軍が迫り、学徒隊は軍とともに南部へ撤退。
敗色濃厚となった6月18日、突然の解散命令。
米軍の攻撃により、多くの生徒や教師が亡くなった。
240人のうち136人が死亡し、
そのうち10人は集団自決している。

その他、沖縄の女子学徒隊には白梅学徒隊等、
8つの学徒隊が存在した。


 1953年映画 



1953年(昭和28年) 1月9日公開。
監督:今井正。

配給収入は1億7659万円で、
1952年度の興行成績第1位の大ヒット作。

宮城先生:津島恵子
女学生 上原文:香川京子、安富良子:渡辺美佐子

傷病兵役で当時劇団俳優座の研究生だった
宇津井健、仲代達矢らが出演していた。

※1982年にリメイクされた。


 1968年映画 



1968年9月公開。日活制作。
監督:舛田利雄、主演:吉永小百合。
原作:石野径一郎「ひめゆりの塔」

時の日活青春映画スター総動員。
沖縄師範女子部の与那嶺和子:吉永小百合
師範男子部の西里順一郎:浜田光夫
和子の級友の比嘉トミ:和泉雅子

1953年映画では宮城先生が主役だったが、
本作は女学生の目線から描かれている。


 1982年映画 



1982年6月公開。
1953年公開映画の同監督と同脚本でリメイク。

【1953年と1982年キャスト比較】
ひめゆりの塔キャスト比較

宮城先生:栗原小巻
女学生 上原文:古手川祐子、安富良子:大場久美子


 1995年映画 



1995年5月公開。監督:神山征二郎
1953年映画「ひめゆりの塔」の水木洋子の脚本

※原作者の仲宗根政善は、実際に
ひめゆり部隊を引率していた人物である。

宮城先生:沢口靖子
仲宗根先生:永島敏行
山岡部長:石橋蓮司

女学生役に、後藤久美子、
中江有里、酒井美紀、大路恵美等。


 2006年ドラマ 



2006年8月22日、日本テレビ系列で、
終戦記念スペシャルとして2時間ドラマ枠で放送。
視聴率14.9%。

主演は、新城美智子役の長谷川京子。
女学校の養護室の代理教員で、助産婦の婦長。
沖縄陸軍病院第一外科の婦長・上原貴美子がモデル。

モデルとなった上原は、
実際は米軍の砲撃で亡くなっているが、
ドラマでは、新城(長谷川)ら看護婦は、
日本兵に後ろから撃たれて亡くなっている。

女学校の生徒役に、
成海璃子、市川由衣、サエコ、岩田さゆり。

長谷川京子と椎名桔平の
過激な濡れ場シーンが批判された。


「私は貝になりたい」映画版/ドラマ版 キャスト比較

「私は貝になりたい」歴代キャスト比較


ドラマ2作、映画2作のキャストを比較

【原作】

元陸軍中尉・加藤哲太郎の獄中手記
「狂える戦犯死刑囚」の遺書部分をもとに
創作されたフィクション。

フィクションではなく、事実をもとにしたドラマが
2007年、中村獅童主演で放送された。

BC級戦犯として生きた加藤哲太郎の
激動の人生が描かれているドラマ。


【キャスト比較表】
私は貝になりたいキャスト比較


 1958年ドラマ「私は貝になりたい」



1958年10月、22時~23時40分放送。
フランキー堺主演。

豊松(フランキー堺)が逮捕されるシーンまでの
前半約30分は収録されたものを放送し、
裁判シーンから最後までの後半は生放送で放送された。


 1959年映画「私は貝になりたい」



1959年4月公開。フランキー堺主演。
前年ドラマの脚本を執筆した橋本忍が
脚本と監督を務めた。
のちにリメイクされたドラマや映画のベースとなっている。
主演のフランキー堺と日高大尉役の南原伸二以外の
キャストは大幅に一新されている。

1958年ドラマと1959年映画で
豊松の弁護人を演じたジョージ・A・ファーネスは、
元米陸軍人で、実際に極東国際軍事裁判で
A級戦犯の重光葵の弁護人だった人物。


 1994年ドラマ「私は貝になりたい」


1994年10月、TBSで21:00~23:24放送。
所ジョージ主演。平均視聴率18.2%。
豊松は高知で理髪店を営んでいた役だが、
1958年ドラマでは標準語で話していた。
今作では土佐弁でしゃべっている。


 2008年映画「私は貝になりたい」


2008年映画「私は貝になりたい」

2008年11月公開。中居正広主演。
制作費11億円、興行収入24.5億円。

草彅剛が一晩だけ同室になる死刑囚役で出演。
豊松(中居)がBC級戦犯として絞首刑が決まり、
連行された2人部屋の独房で同室になる。
大西三郎(草彅)は翌日刑が執行される。

次に、同室になる西沢卓次役で笑福亭鶴瓶が出演。



「永遠の0」映画版/ドラマ版キャスト比較

「永遠の0」映画とドラマ 各キャスト比較


2013年映画と2015年ドラマのキャストを比較


【原作】
2014年7月時点で530万部突破。


【キャスト比較表】
永遠の0キャスト比較


 2013年映画 


2013年12月21日公開。興行収入87.6億円。
2015年7月にテレビ放送された際の
視聴率は13.2%。

イタリアのウディネ・ファーイースト映画祭で
グランプリを受賞。

日本アカデミー賞では、最優秀作品賞、
山崎貴監督が最優秀監督賞を受賞、
岡田准一が最優秀主演男優賞を受賞した。

原寸大で制作された零戦は、
大分県の宇佐市平和ミュージアムに展示されている。


 2015年ドラマ 



テレビ東京開局50周年特別企画として
2015年2月11日・14日・15日、3夜にわたり放送。
視聴率は、
第1夜9.0%、第2夜7.5%、第3夜9.9%だった。

武田貴則役は、実の兄弟である
山本學(映画版)と山本圭(ドラマ版)が、
同じ役を演じた。




PR

当ブログは、アフィリエイト広告を利用しています。

最新記事

アルバム

フリーエリア


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

「Amazonのアソシエイトとして、当メディアは適格販売により収入を得ています。」