フジテレビ版 歴代「大奥」まとめ

歴代フジテレビ「大奥」


2024年1月期、フジテレビ木曜10時枠で
連ドラとしては19年ぶりに放送されます。

フジテレビ制作の歴代「大奥」
ドラマ・映画をまとめました。
主なキャストとして、将軍・正室・側室など。

別作品でもフジテレビ版「大奥」は、
同じ俳優が別の役で出演されていることが多いです。


 2003年版 連続ドラマ 



2003年6月~8月放送。
主演:菅野美穂、池脇千鶴、浅野ゆう子

平均視聴率14.5%。
最高視聴率は初回の16.7%。

最終話の翌週、特別編
「明治編 女たちの新時代・新しい生命」放送。
翌年2004年3月に、
「大奥スペシャル〜幕末の女たち〜」放送。
どちらも視聴率17.3%で、連ドラ時より高視聴率。


<主なキャスト>
13代将軍 徳川家定:北村一輝
家定正室 篤子:菅野美穂

14代将軍 徳川家茂:葛山信吾
家茂正室 和宮:安達祐実

篤子付小姓→和宮付中臈 まる:池脇千鶴
大奥総取締 瀧山:浅野ゆう子
家茂生母 実成院:野際陽子

※2006年映画版で軸となっている
「絵島生島事件」にあたる役は、
初島:木村多江、生島:山口馬木也


 2004年版 連続ドラマ 



2004年10~12月放送。
主演:松下由樹
最高視聴率は最終話の20.3%。平均視聴率17.6%。

2005年4月8日、SPドラマ
「大奥〜第一章〜 桜散る」が放送。視聴率17.5%。


<主なキャスト>
春日局(家光乳母のち大奥総取締):松下由樹

3代将軍 徳川家光:西島秀俊
正室 孝子:木村多江

側室 お万(のちの大奥総取締):瀬戸朝香
側室 お楽(第4代将軍家綱生母):京野ことみ
側室 お夏(第6代将軍家宣祖母):野波麻帆

第2代将軍 徳川秀忠:渡辺いっけい
正室 お江与(家光生母):高島礼子


 2005年版 連続ドラマ 



2005年10~12月放送。平均視聴率15.6%。
主演:内山理名

連ドラ終了後の12月30日、
SPドラマ「大奥〜華の乱〜 悲恋の果てに」放送。
視聴率12.5%。


<主なキャスト>
5代将軍 徳川綱吉:谷原章介
正室 信子:藤原紀香

側室 安子:内山理名
側室 お伝:小池栄子
側室 大典侍:中山忍
側室 染子:貫地谷しほり

桂昌院(綱吉生母):江波杏子


 2006年版 映画 



2006年12月23日公開。興行収入22億円。
主演:仲間由紀恵

7代将軍徳川家継の時代の
「絵島・生島事件」をストーリーの軸とし、
間部詮房と老中たちの対立、
天英院と月光院の対立が描かれている。
過去大奥ドラマ出演者が多数出演。


<主なキャスト>
絵島(大奥総取締):仲間由紀恵
生島新五郎(歌舞伎役者):西島秀俊

月光院(先代側室・家継生母):井川遥
天英院(先代正室):高島礼子

間部越前守詮房(家継側用人):及川光博


 2006年 スペシャルドラマ 



2006年12月29日放送。視聴率15.2%。
主演:深田恭子(ナレーション)

同月公開された映画の3年前の時代が描かれている。


<主なキャスト>
おまん(奥女中、滝川付部屋子):深田恭子

家宣正室
御台所・熙子(のちの天英院):高島礼子

家宣側室
おしの(元奥女中):貫地谷しほり
お喜世の方(のちの月光院、7代将軍生母):井川遥
お古牟の方(のちの法心院):木村多江
お須免の方(のちの蓮浄院):松下由樹

大奥総取締 滝川:浅野ゆう子


 2016年 スペシャルドラマ 


「第一部〜最凶の女〜」
「第二部〜悲劇の姉妹〜」

2016年1月、2週にわたり二部構成で放送。
視聴率は、一部9.6%、二部9.2%。
主演:沢尻エリカ


<主なキャスト>
11代将軍 徳川家斉:成宮寛貴
正室 寔子:光浦靖子

側室 お美代:沢尻エリカ
側室 お楽:浅井江理名

奥女中 お志摩:渡辺麻友
大崎局(大奥総取締):浅野ゆう子

第2部は、架空の人物・梅が主役。
梅(家斉の側室):沢尻エリカ
歌(梅の妹):蓮佛美沙子


 2019年版 スペシャルドラマ 


「大奥 最終章」

2019年3月放送。視聴率6.9%。
主演:木村文乃


<主なキャスト>
8代将軍 徳川吉宗:大沢たかお
側室 久免:木村文乃
女中 多喜(吉宗の子を産む):岸井ゆき
浄円院(吉宗の生母):松坂慶子

6代将軍 徳川家宣:木下ほうか
正室 近衛煕子:鈴木保奈美
側室 お喜世(7代将軍家継生母):小池栄子

5代将軍 綱吉の養女 竹姫:浜辺美波
万里小路良子(煕子の叔母):浅野ゆう子
大奥総取締 高瀬:南野陽子
ナレーション:仲間由紀恵


 2024年版 連続ドラマ 



2024年1月期放送。平均視聴率4.8%。
主演:小芝風花


皇族・閑院宮直仁親王の第六王女、
五十宮倫子が主役。家治と政略結婚した。


<主なキャスト>
10代将軍 徳川家治:亀梨和也
正室 五十宮倫子:小芝風花
倫子付女中→家治側室 お品:西野七瀬
松島付中臈→家治側室 お知保:森川葵

松平定信:宮舘涼太
大奥総取締 松島の局:栗山千明

9代将軍 徳川家重:高橋克典
側室 お幸(家治の生母):紺野まひる

ナレーション:浅野ゆう子
※最終話に寺の尼僧・浅光院役で特別出演。


<大奥関連記事>


スポンサーサイト



NHK大河ドラマ 歴代視聴率一覧&ランキング

歴代NHK大河ドラマ 視聴率一覧


NHK大河ドラマの、1作~62作の視聴率一覧表です。
(初回視聴率、最高視聴率、平均視聴率)

全62作の視聴率ベスト5とワースト5、
2000年以降の視聴率ベスト4をまとめました。

<その他、視聴率比較記事>

<大河ドラマ キャスト比較記事>


【大河ドラマ 視聴率一覧表】
NHK大河ドラマ視聴率

大河ドラマ 平均視聴率ベスト5


1位 39.7% 「独眼竜政宗」(1987年)
最高視聴率は最終回の47.8%で、歴代3位。
豊臣秀吉役の勝新太郎唯一の大河ドラマ出演作。

2位 39.2% 「武田信玄」(1988年)
最高視聴率は39.2%で、歴代2位。
主演の中井貴一は大河初出演で主演を務めた。

3位 32.4% 「春日局」(1989年)
最高視聴率は39.2%で、歴代6位。
初回視聴率が歴代最低の14.2%。
これは初回放送が元日だったため。
原作・脚本 橋田壽賀子。

4位 31.9% 「赤穂浪士」(1964年)
最高視聴率は、討入りが放送された
第47話で、歴代1位の53.0%を記録。

5位 31.8% 「おんな太閤記」(1981年)
最高視聴率も高く、36.8%。
原作・脚本 橋田壽賀子。
※橋田原作の大河3作のうち2作がベスト5入り。
残り1作の「いのち」の平均視聴率は29.3%。


大河ドラマ 平均視聴率ワースト5


1位 8.2% 「いだてん」(2019年)
最高視聴率は初回の15.5%。
10%を超えていたのは、第5話までで、
第6話から最終話まで10%を超えなかった。

2位 11.2% 「どうする家康」(2023年)
最高視聴率は初回の15.4%。
最低視聴率は第10話の7.2%。
10%を超えなかったのは、4回。

3位 12.0% 「平清盛」(2012年)
最高視聴率は第2話の17.8%。
全50話のうち、視聴率一桁台が9回。

3位 12.0% 「花燃ゆ」(2015年)
最高視聴率は初回の16.7%。
主演の井上真央は大河初出演で主演を務めた。

5位 12.7% 「西郷どん」(2018年)
最高視聴率は第5話の15.5%。
全47話のうち、視聴率一桁台が1回(9.9%)。
その回は、台風関連ニュースのため、
放送が1週繰り延べになった回だった。

5位 12.7% 「鎌倉殿の13人」(2022年)
最高視聴率は初回の17.3%。
全48話のうち、視聴率が一桁台は1回のみ(6.2%)。
サッカーW杯の日本VSコスタリカ戦が裏にあったため。


2000年以降 大河ドラマ視聴率ベスト4

※2000年以降、
平均視聴率が20%を超えた作品は4作品のみ。

1位 24.5% 「篤姫」(2008年)
最低視聴率は、初回の20.9%。
最高視聴率29.2%は、2000年以降の作品で1位。
幕末が舞台の大河ドラマで過去最高の視聴率。

2位 22.1% 「利家とまつ」(2002年)
2000年以降の作品で、初回と最高視聴率が2位。
まつ役の松嶋菜々子と織田信長役の反町隆史が、
放送前年に入籍しており、共演が話題になった。

3位 21.2% 「天地人」(2009年)
映像作品初の直江兼続が主人公の作品。
妻夫木聡は大河ドラマ初出演で初主演。

4位 20.9% 「功名が辻」(2006年)
初回視聴率が、2001年「北条時宗」以来
20%を超えず19.8%と低かったが持ち直した。
第39話に前田利家役で唐沢寿明がゲスト出演。


<NHK大河ドラマ関連書籍>
「大河ドラマ50作 パーフェクトガイド」
※第1作「花の生涯」から第50作「江」まで。
名場面や名台詞、ドラマヒストリー、
大河ドラマ検定、殺陣師インタビュー等充実の1冊。

「プレイバック NHK大河ドラマ」
全60作品の時代・人物などテーマ別解説。
第51作「平清盛」~第60作「青天を衝け」の
ストーリー&名場面ダイジェスト。


「陰陽師」ドラマ版/映画版 キャスト比較

「陰陽師」ドラマ版と映画版、キャスト比較


2024年4月29日、
映画「陰陽師0」が、山崎賢人主演で公開予定。

『陰陽師=野村萬斎』のイメージが強いですが、
映画「陰陽師」以外にも、
いくつかドラマ版が制作され放送されています。
一部キャストを比較してみました。


【原作】

「陰陽師」夢枕獏


平安時代の陰陽師・安倍晴明の
活躍を描いた伝奇小説。


【キャスト比較表】
陰陽師キャスト比較


 2001年ドラマ 


「陰陽師(稲垣吾郎版)」

2001年4~6月、NHKで全10話で放送。
本作のテーマは「女の情念」。
平均視聴率5.7%。

安倍晴明:稲垣吾郎
源博雅:杉本哲太


 2001年映画 



2001年10月公開。監督:滝田洋二郎
興行収入30億1000万円。

安倍晴明:野村萬斎
源博雅:伊藤英明

狂言師・野村萬斎の映画初主演作品。
ブルーリボン賞・主演男優賞受賞。
日本アカデミー賞・新人俳優賞&優秀主演男優賞。

2003年10月、続編「陰陽師Ⅱ」公開。
興行収入16億円。


※フィギュアスケーター羽生結弦選手の
「SEIMEI」はこの映画のサウンドトラック。


 2015年ドラマ 


2015年9月、テレビ朝日で単発SPドラマで放送。
視聴率11.3%。

安倍晴明:市川染五郎(現 松本幸四郎)
源博雅:堂本光一

晴明役の市川染五郎は、
2013年に「新作歌舞伎 陰陽師 滝夜叉姫」でも
同役を演じ、大谷竹次郎賞を受賞している。


 2020年ドラマ 



2020年3月、テレビ朝日で単発SPドラマ放送。

陰陽師シリーズ長編、
「陰陽師 瀧夜叉姫」の初映像化作品。

安倍晴明:佐々木蔵之介
源博雅:市原隼人

博雅役の市原は、映画「陰陽師Ⅱ」で
別役で出演していた。


 2024年映画 


「陰陽師0」

2024年4月19日公開予定。
脚本・監督:佐藤嗣麻子。
VFXは、山崎貴監督による「ゴジラ-1.0」で、
アカデミー賞視覚効果賞受賞した白組が担当した。
※ちなみに、山崎監督と佐藤監督は夫婦。

安倍晴明:山崎賢人
源博雅:染谷将太

陰陽師になる前の学生時代を描いた
完全オリジナルストーリー。

呪術の天才と呼ばれながらも、
陰陽師になることに全く興味がない晴明。
貴族・源博雅と共に事件の解決に挑む。

物語の発端となる事件に巻き込まれる
皇族の徽子(よしこ)女王役は、奈緒。

その他、
陰陽寮の学生役に安藤政信、村上虹郎。
帝(後の村上天皇)役に板垣李光人。



ちなみに、晴明が主役以外だと

2024年NHK大河ドラマ「光る君へ」の、
安倍晴明役は、ユースケ・サンタマリア。

映画「源氏物語 千年の謎」の晴明役は、
窪塚洋介が演じている。


NHK大河「光る君へ」と紫式部関連映画のキャスト比較

大河ドラマ「光る君へ」とその他関連作


2024年NHK大河ドラマ「光る君へ」は、
紫式部(吉高由里子)の生涯が描かれます。

<NHK大河ドラマ関連記事>


過去に公開された、紫式部関連映画2作と
今回の大河ドラマの一部キャストを比較。

「光る君へ」は、紫式部の人生が描かれるので、
「源氏物語」の登場人物は出ないそうです。


【キャスト比較表】
光る君へ源氏物語キャスト比較


 2024年NHK大河ドラマ 



主演:吉高由里子

NHK大河ドラマ 第63作。
脚本は大石静で、「功名が辻」以来2作目。

女性主人公の大河ドラマは15作目。


 2001年公開映画 



2001年12月公開。
東映創立50周年記念作品。
総製作費14億円。興行収入20億8000万円。

主演:吉永小百合

光源氏役の天海祐希は、
宝塚歌劇団退団後、6年ぶりの男役。


 2011年公開映画 



2011年12月公開。興行収入14.8億円。
主演:生田斗真

原作は、高山由紀子の小説
「源氏物語 悲しみの皇子」

紫式部(中谷美紀)と藤原道長(東山紀之)が
男女の関係にあったという設定。

テレビ初放送は2015年12月29日で、
視聴率は5.3%だった。


NHK大河ドラマ ジャニーズ主演作品

ジャニーズ主演 NHK大河ドラマ作品まとめ


全62作品のうち、ジャニーズ事務所タレントの
大河ドラマ主演作は、全部で5作。
2004年、2005年は連続。
滝沢秀明以外は、大河ドラマ初出演で主演。


<大河ドラマ 関連記事>


【ジャニーズ主演 大河ドラマ】
ジャニーズNHK大河主演作


東山紀之主演「琉球の風」


ソフト化していなかったが、2023年4月DVD発売。
平均視聴率17.3%。最高視聴率24.1%。
沖縄での初回放送の視聴率は82%。

東山紀之は、大河ドラマ初出演で主演。

1991年1月10~6月13日までの放送で
大河ドラマ唯一の半年間(全23回)の放送。
大河初の沖縄が舞台で、主人公は架空の人物。
江戸初期、薩摩藩に侵攻された琉球王国の人々を描いた作品。


香取慎吾主演「新選組!」


初回視聴率が全話の中の最高で26.3%。
平均視聴率は17.4%だった。

香取慎吾は、大河初出演で主演。

三谷幸喜の大河ドラマ初脚本作品。
原作が歴史小説ではなく、三谷オリジナル脚本で、
史実と異なる部分が多い。

草彅剛が榎本武揚役で出演。


滝沢秀明主演「義経」


最高視聴率は26.9%。平均は19.4%。
滝沢秀明は大河ドラマ出演は2作目。
※初出演は「元禄繚乱」で、
吉良上野介の養子・吉良義周役。

放送開始時22歳は、単独主演最年少記録だった。
※のちに「篤姫」で、宮崎あおいが更新。
※その前の記録は同じ題材を扱った
「源義経」の尾上菊之助の23歳だった。

那須宗高(与一)役で今井翼が出演。


岡田准一主演「軍師官兵衛」


初回視聴率18.9%。最高視聴率19.4%。

岡田准一は大河初出演で主演。

1996年「秀吉」で主演秀吉を演じた
竹中直人が秀吉役で出演。

官兵衛の家臣・栗山善助役を演じた濱田岳は、
2020年の「麒麟がくる」で官兵衛役を演じた。

キリシタン大名・高山右近役で生田斗真が出演。


松本潤主演「どうする家康」


松本潤は、大河初出演で主演。

家康が主人公の大河ドラマは、
1983年の「徳川家康」
2000年の「葵 徳川三代」に次いで3度目。



2014年「軍師官兵衛」で主演を務めた
岡田准一が、織田信長を演じている。

その他、
豊臣秀吉役にムロツヨシ。
今川義元役に野村萬斎。
武田信玄役に阿部寛。
家康の正室・築山殿に有村架純。
家康の側室で、
秀忠の生母・於愛の方に広瀬アリス。

石田三成役に、中村七之助が出演。
家康役の松本潤と中村七之助は、
堀越高校の同級生で親友です。
「関ヶ原の戦い」、この共演は見どころ。


<松本潤、岡田准一以外に、
ジャニーズ所属タレントの出演は?>

なにわ男子の長尾謙杜が、
家康の異父弟・久松源三郎勝俊役で出演。
※家康の母・於大の方(松嶋菜々子)と
久松長家(リリー・フランキー)の三男。

豊臣秀頼に、HiHi Jetsの作間龍斗の出演。
ジャニーズ4人目。



PR

当ブログは、アフィリエイト広告を利用しています。

最新記事

アルバム

フリーエリア


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

「Amazonのアソシエイトとして、当メディアは適格販売により収入を得ています。」