「のだめカンタービレ」日本版/韓国版 キャスト比較

「のだめカンタービレ」キャスト比較


日本版と韓国版のドラマと
ミュージカルのキャストを比較。


【原作】
『Kiss』で2001年~2010年まで連載された、
二ノ宮知子によるクラシック音楽とテーマとした漫画。


【キャスト比較表】
のだめカンタービレキャスト比較


 2006年日本ドラマ 



2006年10月期、フジテレビで全11回で放送。
平均視聴率は18.9%、最高視聴率は最終回の21.7%。

2008年1月、2夜連続でスペシャルドラマ放送。
視聴率は、18.9%と21.0%。

※山田優演じる孫Ruiは、2006年には出ておらず、
2008年のSPドラマと映画に出演。


 映画 



ドラマ版の続編という形で
前編が2009年12月、後編が2010年4月に公開された。

映画のサウンドトラックが、
第24回日本ゴールドディスク大賞の
「サントラ・オブ・ザ・イヤー」を受賞。


 2014年韓国ドラマ 



韓国版のパク・ボゴムが演じる役は、
オリジナルキャラクター。
実力派チェリストで、ネイルに好意を寄せる役。

※日本版での優秀なチェリストは、向井理が演じ、
のだめに好意を寄せる役は、福士誠治が演じていた。

シム・ウンギョンは、
2017年に日本の芸能事務所と契約しており、
2019年に松坂桃李とW主演を務めた
映画「新聞記者」で、
第43回日本アカデミー賞最優秀女優賞を受賞した。


 ミュージカル 


2023年10月・11月に上演。

のだめ役はドラマでも演じた上野樹里。
音楽は上野の夫、TRICERATOPSの和田唱が担当。

※クラシック音楽監修は、
原作者・二ノ宮知子と親交があり、
ドラマ版でも音楽監修を務めた茂木大輔。

上野以外にも、過去作に出演していた、
シュトレーゼマン役の竹中直人や、
映画版ではテオを演じていたなだぎ武が、
江藤耕造役で出演。


スポンサーサイト



2023年ゴールドディスク認定(K-POP男性アーティスト)

ゴールドディスク認定まとめ(K-POP男性)


日本レコード協会が発表。
発売日からの累計正味出荷枚数が
一定数を超えた場合、基準にしたがって認定。

ミリオン 100万枚以上
トリプルプラチナ 75万枚以上
ダブルプラチナ 50枚以上
プラチナ 25枚以上
ゴールド 10万枚


2023年12月認定分までのK-POP男性アーティストの
シングルとアルバムをまとめました。


 認定シングル&アルバム 


K-POP2023年シングル&アルバム認定作


 レーベル/事務所別 


【HYBE】
BTS、JIMIN、Agust D、V、
SEVENTEEN、
TOMORROW X TOGETHER、ENHYPEN

【JYPエンターテインメント】
Stray Kids

【YGエンターテインメント】
TREASURE

【SMエンターテインメント】
NCT DREAM、NCT 127

【KQエンターテインメント】
ATEEZ


 ミリオン達成作 


Stray Kids

自身初の日本作品ミリオン認定作。
K-POPボーイズグループの日本デビュー後、
史上最速でのミリオン認定。


BTS

2020年7月に発売された、日本4枚目のアルバム。
2023年2月ミリオン認定。


SEVENTEEN

2022年11月発売、日本1ST EP。
2023年1月ミリオン認定。

2023年4月発売、7月ミリオン認定。


 BTSメンバーのソロ作品 


JIMIN
「FACE」 プラチナ認定

アメリカのBillboard 200で初登場2位。
オリコン週間アルバムランキング初登場1位。
タイトル曲「Like Crazy」は、
K-POPソロアーティストとして初の、
Billboard HOT100で1位を獲得。


Agust D(SUGA)
「'D-DAY'」 ゴールド認定

先行公開曲「People Pt.2」でIUとコラボ。
J-HOPE、坂本龍一、The Roseのキム・ウソン等参加。


V
「Layover」 ゴールド認定

タイトル曲は「Slow Dancing」。
ボーナス・トラック以外の、
5曲のミュージック・ビデオが制作された。
ミン・ヒジンADOR総括プロデューサーと協業。


JUNG KOOK
「Golden」 プラチナ認定

アルバム発売前にリリースされた、
デジタルシングル「Seven (feat. Latto)」は、
ビルボードhot100初登場1位。
「3D(feat.Jack Harlow)」は、
ビルボードhot100で初登場5位を記録。


<関連記事>


紅白歌合戦のジャニーズとその他男性グループ

歴代紅白ジャニーズ枠とその他ボーイズグループ


こちらで歴代紅白出場のジャニーズをまとめましたが、
ジャニーズ以外の紅白出場ボーイズグループを
ジャニーズ枠と並べて表にまとめてみました。


 ジャニーズ枠とその他ボーイズグループ 


紅白出場ジャニーズ以外の男性グループ
※バンドや、ゴスペラーズ等のボーカルグループ、
 女性メンバーがいるAAA、芸人等は含まない。


 旧ジャニーズ以外の出場男性グループ 

2000年から調べてみましたが、
ジャニーズ以外のダンス&ボーカル男性グループは、
2022年までずっと2枠でした。

※2023年、ジャニー喜多川による性加害問題により
 旧ジャニーズの出場は0枠となってしまいました。


出場回数ランキング
11回 EXILE
  7回 DA PUMP ※1998年初出場
  7回 三代目 J SOUL BROTHERS
  6回 w-inds.
  3回 東方神起
  3回 GENERATIONS


旧ジャニーズのように、同事務所から
多くの所属グループが出場することは、
他事務所ではなく、最高で2組まででした。

<ライジングプロダクション>
DA PUMPとw-inds.。
同事務所から2組が出たのは2002年の1回。

同事務所の三浦大知とDA PUMPが、
2018年と2019年に同時に出場。

<LDH JAPAN>
EXILEと三代目 J SOUL BROTHERSの2組が
2012年~2014年の4回、同時出場。


【関連記事】


2020~2022年ゴールドディスク認定(K-POP男性アーティスト編)

ゴールドディスク認定まとめ(K-POP男性)


日本レコード協会が発表。
発売日からの累計正味出荷枚数が一定数を超えた場合、
基準にしたがって認定。

ミリオン 100万枚以上
トリプルプラチナ 75万枚以上
ダブルプラチナ 50枚以上
プラチナ 25枚以上
ゴールド 10万枚

<関連記事>

2020年~2022年12月認定分までの
K-POP男性アーティストのシングルとアルバムを、
認定別順・アーティスト別に、まとめてみました。
※2020年以前に発売され、2020年以降に認定された作品は
 表には含んでいません。


 2020~2022年シングル 


K-pop男性認定シングル1
K-pop男性認定シングル2


 2020~2022年アルバム 


K-pop男性認定アルバム1
K-pop男性認定アルバム2

2020~2022年認定作アーティスト
レーベル/事務所別に分けると、

【HYBE】
BTS、SEVENTEEN、
TOMORROW X TOGETHER、ENHYPEN

【SMエンターテインメント】
SHINee、BAEKHYUN(EXO)、NCT127

【JYPエンターテインメント】
Stray Kids


認定作品紹介
<SHINee>
(アルバム)「SUPERSTAR」ゴールド認定

<BAEKHYUN(EXO)>
(アルバム)「BAEKHYUN」ゴールド認定

<BTS>
(アルバム)
「BTS, THE BEST」ミリオン認定
他トリプルプラチナ1作、ダブルプラチナ1作、
プラチナ3作。

<JIN(BTS)>
(シングル)
「The Astronaut」ゴールド認定

<SEVENTEEN>
(シングル)
「ひとりじゃない」等ダブルプラチナ認定2作
他プラチナ1作
(アルバム)
「DREAM」トリプルプラチナ認定
「Face the Sun」ダブルプラチナ認定
他プラチナ4作

<NCT127>
(アルバム)「LOVEHOLIC」ゴールド認定

<Stray Kids>
(シングル)ゴールド認定2作
(アルバム)
「SKZ2020」等ゴールド認定2作

<TOMORROW X TOGETHER>
(シングル)
「GOOD BOY GONE BAD」ダブルプラチナ認定
他ゴールド認定2作
(アルバム)
「Chaotic Wonderland」プラチナ認定
他ゴールド3作

<ENHYPEN>
(シングル)
「DIMENSION : 閃光」ダブルプラチナ認定
他プラチナ1作
(アルバム)
「定め」プラチナ認定
他ゴールド5作



2000~2019年ゴールド認定以上


<東方神起>
(シングル)
「Why?(Keep Your Head Down)」等、
プラチナ認定3作。他ゴールド認定24作。
(アルバム)
「BEST SELECTION 2010」ダブル・プラチナ認定
他プラチナ認定5作、ゴールド認定6作。

※元東方神起
<XIAH junsu>
(シングル)ゴールド認定1作
<JUNSU/JEJUNG/YUCHUN>
(シングル)ゴールド認定1作
<ジェジュン>
(シングル)ゴールド認定2作
(アルバム)ゴールド認定1作

<SHINee>
(シングル)
「Replay -君は僕のeverything-」等
ゴールド認定6作
(アルバム)
「SHINee THE BEST FROM NOW ON」
ゴールド認定3作

<SUPER JUNIOR>
(シングル)
「Mr.Simple」等、ゴールド認定2作
(アルバム)
「Hero」ゴールド認定

<キム・ヒョンジュン
(シングル)
「HEAT」等、ゴールド認定3作

<2PM>
(シングル)
「Winter Games」等、ゴールド認定9作
(アルバム)
「GALAXY OF 2PM」ゴールド認定

<EXO>
(シングル)
「Love Me Right ~romantic universe~」等
プラチナ認定2作
(アルバム)
「COUNTDOWN」ゴールド認定

<BTS (防弾少年団)>
(シングル)
「Lights / Boy With Luv」ミリオン認定
他ダブル・プラチナ2作、
プラチナ1作、ゴールド3作。
(アルバム)
「FACE YOURSELF」ダブル・プラチナ認定
他ゴールド認定5作

<MONSTA X>
(シングル)
「Alligator」等、ゴールド認定4作

<BIGBANG>
(アルバム)
「THE BEST OF BIGBANG 2006-2014」
「MADE」等、ゴールド認定7作
  
<SEVENTEEN>
(シングル)
「Happy Ending」プラチナ認定
(アルバム)
「WE MAKE YOU」ゴールド認定


<その他ゴールド認定が各1作>
(シングル)
「In My Head」CNBLUE
「WINNER」超新星
「DUMB & DUMBER」iKON
「ID」UP10TION
「Oh yeah!!」SNUPER
「Brand new days ~どんな未来を~」BTOB


ミリオン認定作のドラマOST
「冬の恋歌(ソナタ)ドラマ・オリジナル・サウンド・トラック」Ryu/Sun

ゴールド認定作品がある俳優/歌手
パク・ヨンハ、リュ・シウォン
イ・ビョンホン、チャン・グンソク



「パパとムスメの7日間」2007年版/2022年版 キャスト比較

原作

「パパとムスメの7日間」五十嵐貴久

2年後を描いた続編


作者の執筆動機は、
2003年米映画「フォーチュン・クッキー」を観て、
もっと面白い入れ替わりものを書きたいという思いから、
大林宣彦監督の「転校生」を参考にした。


キャスト比較表


パパとムスメの7日間

※大杉健太役はどちらもジャニーズ。


2007年版ドラマ


2007年7月期、TBS「日曜劇場」で全7回で放送。
主演は舘ひろし。
平均視聴率13.9%。最高視聴率は16.7%。

第1話に、2人が映画「転校生」を参考にして
入れ替わりを元に戻すため、階段から転げ落ちるシーンがある。
2007年版「パパとムスメの7日間」


2022年版ドラマ


2022年7月からTBS深夜ドラマ枠で放送。
主演は、飯沼愛。
脚本は2007年版と同じ新井修子が担当。
2022年版「パパとムスメの7日間」


<その他リメイク映画>

ベトナム版「パパとムスメの7日間」DVD
※日本人監督がベトナムで制作。
母親は亡くなっており7回忌の日に入れ替わってしまう。
※ムスメ役チョン・ソミン。パパ役ユン・ジェムン。



PR

当ブログは、アフィリエイト広告を利用しています。

最新記事

アルバム

フリーエリア


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

「Amazonのアソシエイトとして、当メディアは適格販売により収入を得ています。」