映画「ラーゲリより愛を込めて」関連作品

シベリア抑留に関する作品をまとめ


12月2日に放送された
「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」で
中居の代打MCとなった、映画主演の二宮和也が、
自分の祖父もシベリア抑留者だったと告白。


 映画「ラーゲリより愛を込めて」


2022年12月9日、公開。
山本幡男役・二宮和也。妻モミジ役・北川景子。

原作 辺見じゅん。
大宅壮一ノンフィクション賞、講談社ノンフィクション賞。
収容所から来た遺書 (文春文庫) [ 辺見 じゅん ]


 ドラマ「収容所(ラーゲリ)から来た遺書


1993年8月13日、
フジテレビ「金曜エンタテイメント」で放送。
放送文化基金賞番組部門本賞受賞。
原作は、2022年公開映画と同じ。

1993年ドラマの山本幡男役は、寺尾聰。
妻モミジ役は、いしだあゆみ。
抑留者役に、石橋蓮司、河原崎長一郎、ガッツ石松ら。

寺尾聰は、2022年公開映画では、
山本幡男の長男、顕一役(壮年期)で出演。


 関連漫画 


三枝義浩の漫画連作。
辺見じゅんの「収容所から来た遺書」等収録。

映画「ラーゲリより愛を込めて」で、
中島健人(新谷)が可愛がっている犬のクロの話。
日本人抑留者の心を癒してくれた捨て犬クロは、
最後の引き揚げ船出港寸前、
船で帰国する日本人兵を追って氷海に飛び込んだ。

「ほんとうにあった 戦争と平和の話」
本当にあった戦争と平和にまつわる14の物語の中に
「氷海のクロ - シベリア抑留」収録。


 映画「私はシベリヤの捕虜だった」


1952年制作、出演 北沢彪。
映画キャメラマン藤井静の抑留体験を元に製作された
セミ・ドキュメンタリー映画。



 岸壁の母 


第二次世界大戦後、ソ連による抑留から解放され、
引揚船で帰ってくる息子の帰りを待つ母親を
「岸壁の母」と呼んでいた。

モデルとなった女性は、端野いせ。
息子の生存を信じ、引揚船初入港から以後6年間、
引揚船が入港する度に舞鶴の岸壁に立ち、
息子の帰りを待っていた。

映画「岸壁の母」
1976年公開。端野いせ役・中村玉緒

ドラマ「岸壁の母」
1977年~78年、TBS昼ドラで全40回放送。
端野いせ役・市原悦子。

歌「岸壁の母」
1954年、菊池章子
レコード100万枚以上の大流行。

1972年、二葉百合子
LPレコード、シングル、テープを合わせて250万枚

その後も、多くの演歌歌手などがカバーしている。



スポンサーサイト




PR

当ブログは、アフィリエイト広告を利用しています。

最新記事

アルバム

フリーエリア


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

「Amazonのアソシエイトとして、当メディアは適格販売により収入を得ています。」