NHK大河ドラマ 歴代視聴率一覧&ランキング

歴代NHK大河ドラマ 視聴率一覧


NHK大河ドラマの、1作~62作の視聴率一覧表です。
(初回視聴率、最高視聴率、平均視聴率)

全62作の視聴率ベスト5とワースト5、
2000年以降の視聴率ベスト4をまとめました。

<その他、視聴率比較記事>

<大河ドラマ キャスト比較記事>


【大河ドラマ 視聴率一覧表】
NHK大河ドラマ視聴率

大河ドラマ 平均視聴率ベスト5


1位 39.7% 「独眼竜政宗」(1987年)
最高視聴率は最終回の47.8%で、歴代3位。
豊臣秀吉役の勝新太郎唯一の大河ドラマ出演作。

2位 39.2% 「武田信玄」(1988年)
最高視聴率は39.2%で、歴代2位。
主演の中井貴一は大河初出演で主演を務めた。

3位 32.4% 「春日局」(1989年)
最高視聴率は39.2%で、歴代6位。
初回視聴率が歴代最低の14.2%。
これは初回放送が元日だったため。
原作・脚本 橋田壽賀子。

4位 31.9% 「赤穂浪士」(1964年)
最高視聴率は、討入りが放送された
第47話で、歴代1位の53.0%を記録。

5位 31.8% 「おんな太閤記」(1981年)
最高視聴率も高く、36.8%。
原作・脚本 橋田壽賀子。
※橋田原作の大河3作のうち2作がベスト5入り。
残り1作の「いのち」の平均視聴率は29.3%。


大河ドラマ 平均視聴率ワースト5


1位 8.2% 「いだてん」(2019年)
最高視聴率は初回の15.5%。
10%を超えていたのは、第5話までで、
第6話から最終話まで10%を超えなかった。

2位 11.2% 「どうする家康」(2023年)
最高視聴率は初回の15.4%。
最低視聴率は第10話の7.2%。
10%を超えなかったのは、4回。

3位 12.0% 「平清盛」(2012年)
最高視聴率は第2話の17.8%。
全50話のうち、視聴率一桁台が9回。

3位 12.0% 「花燃ゆ」(2015年)
最高視聴率は初回の16.7%。
主演の井上真央は大河初出演で主演を務めた。

5位 12.7% 「西郷どん」(2018年)
最高視聴率は第5話の15.5%。
全47話のうち、視聴率一桁台が1回(9.9%)。
その回は、台風関連ニュースのため、
放送が1週繰り延べになった回だった。

5位 12.7% 「鎌倉殿の13人」(2022年)
最高視聴率は初回の17.3%。
全48話のうち、視聴率が一桁台は1回のみ(6.2%)。
サッカーW杯の日本VSコスタリカ戦が裏にあったため。


2000年以降 大河ドラマ視聴率ベスト4

※2000年以降、
平均視聴率が20%を超えた作品は4作品のみ。

1位 24.5% 「篤姫」(2008年)
最低視聴率は、初回の20.9%。
最高視聴率29.2%は、2000年以降の作品で1位。
幕末が舞台の大河ドラマで過去最高の視聴率。

2位 22.1% 「利家とまつ」(2002年)
2000年以降の作品で、初回と最高視聴率が2位。
まつ役の松嶋菜々子と織田信長役の反町隆史が、
放送前年に入籍しており、共演が話題になった。

3位 21.2% 「天地人」(2009年)
映像作品初の直江兼続が主人公の作品。
妻夫木聡は大河ドラマ初出演で初主演。

4位 20.9% 「功名が辻」(2006年)
初回視聴率が、2001年「北条時宗」以来
20%を超えず19.8%と低かったが持ち直した。
第39話に前田利家役で唐沢寿明がゲスト出演。


<NHK大河ドラマ関連書籍>
「大河ドラマ50作 パーフェクトガイド」
※第1作「花の生涯」から第50作「江」まで。
名場面や名台詞、ドラマヒストリー、
大河ドラマ検定、殺陣師インタビュー等充実の1冊。

「プレイバック NHK大河ドラマ」
全60作品の時代・人物などテーマ別解説。
第51作「平清盛」~第60作「青天を衝け」の
ストーリー&名場面ダイジェスト。


関連記事
スポンサーサイト




PR

当ブログは、アフィリエイト広告を利用しています。

最新記事

アルバム

フリーエリア


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

「Amazonのアソシエイトとして、当メディアは適格販売により収入を得ています。」