朝ドラ「舞いあがれ!」で祖母が夢中になって呼んでいた沢村貞子の本

ヒロイン舞(福原遥)の祖母祥子(高畑淳子)が
初期の脳梗塞で倒れ、左半身に痺れがあるため、
船に乗ることが出来なくなってしまいました。

1人暮らしも心配なため、娘めぐみ(永作博美)らの
説得もあり、長崎五島から東大阪に住むことになりました。
長崎では船を操縦し、男まさりだった祥子ですが、
東大阪に来てから、どこか元気がありません。
そんな祥子に、舞の夫貴司(赤楚衛二)が
古本屋デラシネの中から勧めてくれた本を
夢中になって読んでいました。
この本を読んでから、伏し目がちだった祥子は
変わったように見えました。


祖母・祥子の気持ちを変えさせた本


その本は、沢村貞子の「私の台所」でした。

質素で昔ながらの生活の知恵を大切にし、
一日一日を丁寧に生きる。
古き良き時代の、失われつつある風習を
現代の人たちに伝えるエッセイ集です。



料理が得意な方で、料理本も出版されています。
女優業が忙しい中でも台所に立ち続けたそうです。



沢村貞子は朝ドラモデルになった


沢村貞子は、女優・エッセイストとして活躍。
自身のエッセー「私の浅草」「貝のうた」は、
朝ドラ第21作(1978年前期)
「おていちゃん」の名でドラマ化されました。



関連記事
スポンサーサイト




PR

当ブログは、アフィリエイト広告を利用しています。

最新記事

アルバム

フリーエリア


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

「Amazonのアソシエイトとして、当メディアは適格販売により収入を得ています。」