「人間の証明」映画/ドラマ 歴代キャスト比較

「人間の証明」歴代キャスト比較



【原作】
「人間の証明」森村誠一

森村誠一の推理小説。
累計770万部を超える大ベストセラー。
角川春樹から依頼されて執筆した作品。


【キャスト比較表】
人間の証明歴代キャスト比較
※名前や各設定は各作品で違う場合あり

 1977年映画 



角川春樹事務所製作第二弾。
棟居刑事役は松田優作。
1977年10月公開。配給収入22.5億円。
角川映画第一弾の「犬神家の一族」を上回った。

テレビ放送された際の視聴率は、35.7%。
結末が原作とは異なる。

八杉恭子(岡田茉莉子)の設定は、
ファッションデザイナー。
※原作では家庭問題評論家

ジョニー役のジョー山中が歌う
「人間の証明のテーマ」が大ヒットした。

なおみが働くクラブのママを演じた田村順子は、
実際のクラブ『順子』のママ。
製作者角川春樹の愛人がそこのホステスで、
順子ママが角川に、自分と夫で俳優の和田浩二の
出演を要求し実現させた。

渋江警部補役に深作欣二、闇市の復員兵役に角川春樹、
ロイヤルホテルのチーフ・フロントマネージャー役に
原作者の森村誠一が出演している。

撮影中に、郡恭平役の岩城滉一が
覚醒剤取締法で逮捕されたため、
声だけ吹替になり、シナリオが修正された。


 1978年ドラマ 


1978年連続ドラマ「人間の証明」

1978年1月、TBS系で全13話で連続ドラマ放送。
全13話のうち、最終回の24.7%が最高視聴率。
棟居刑事役、林隆三。

八杉恭子(高峰三枝子)の設定は、国際的華道家。

原作では一場面での登場で、
映画では登場しなかった恭子の娘、
陽子(岸本佳代子)が語り部として全編で登場。

郡恭平の恋人・朝枝路子役の高沢順子は、
映画版でも同じ役で出演していた。


 1993年ドラマ 


1993年1月8日、
フジテレビ・金曜ドラマシアターで放送。
棟居弘一良役、石黒賢。
八杉恭子役、宮本信子。
恭子の設定はニュース・キャスター。

ニューヨーク市警察ケン・シェイファー役に、
アメリカのドラマ『刑事コロンボ』役で有名な
ピーター・フォークが出演している。


 2001年ドラマ 



2001年1月、BSジャパンとテレビ東京系列の
『人間の証明2001』のタイトルで
「女と愛とミステリー」で放送。

棟居弘一良役、渡辺謙。
棟居と一緒に捜査をする刑事役に高島礼子。

八杉恭子(いしだあゆみ)の設定は、人気ジャズシンガー。
新見の役は風俗店経営でナオミはそこに勤めていた。

原作では、ジョニーはエレベーター内で亡くなるが、
夜の繁華街で倒れ込み、亡くなる。


 2004年ドラマ 



2004年7月、フジテレビで全10回の連ドラ放送。
棟居刑事役は竹野内豊。
平均視聴率は12.1%

恭子(松坂慶子)の設定は人気エッセイストで、
政治家の夫を継ぐ形で政治の道へ。

2001年版ドラマに恭子役だった、
いしだあゆみがよしの役で出演。


 2017年ドラマ 


2017年4月、テレビ朝日系列で
ドラマスペシャルとして放送。
棟居刑事役は、藤原竜也。

八杉恭子(鈴木京香)の設定は有名美容家。

映画版の主題歌「人間の証明のテーマ」を、
EXILEのATSUSHIとCharがカバーした。


関連記事
スポンサーサイト




PR

当ブログは、アフィリエイト広告を利用しています。

最新記事

アルバム

フリーエリア


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

「Amazonのアソシエイトとして、当メディアは適格販売により収入を得ています。」