「砂時計」ドラマ版/映画版 キャスト比較

実写化「砂時計」のキャスト比較


2007年ドラマと2008年映画の各キャスト比較


【原作】
「砂時計」芦原妃名子

累計発行部数700万部突破。
2005年、小学館漫画賞少女向け部門を受賞。


【キャスト比較表】
砂時計ドラマ映画キャスト比較


 2007年ドラマ 


2007年昼ドラ「砂時計」

2007年3月~6月、
TBS系「愛の劇場」(昼ドラ)で
毎週月~金曜日放送された。全60話。
昼帯の時間帯としては高視聴率を記録。

ヒロインの水瀬(植草)杏を3人が演じた。
子供時代=美山加恋、
中高生時代=小林涼子
大人時代=佐藤めぐみ

主題歌は柴咲コウが歌う「ひと恋めぐり」。
原作を読んでから柴咲本人が作詞した。
PVには、佐藤や竹財等が出演している。


 2008年映画 



2008年4月公開。配給東宝。興行収入10億円。
中高生時代を演じた夏帆と、
大人時代を演じた松下奈緒のW主演。

主題歌はいきものがかりが歌う
「帰りたくなったよ」

この映画のために書き下ろされた。
映画のプロデューサーが制作を依頼。
PVには、砂時計が映される演出がある。
ストーリーの原点でもあり、
ドラマ映画共にロケ地でもある、
「仁摩サンドミュージアム」で、
映画公開を記念してミニライブを行った。


関連記事
スポンサーサイト




PR

当ブログは、アフィリエイト広告を利用しています。

最新記事

アルバム

フリーエリア


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

「Amazonのアソシエイトとして、当メディアは適格販売により収入を得ています。」