「東京タワー」2005年映画版/2024年ドラマ版 キャスト比較

「東京タワー」映画とドラマのキャスト比較


2005年映画と2024年ドラマを比較。

岡田准一は、現在事務所を退所しているとはいえ
元々同じ事務所の先輩である岡田が演じた役を
2024年ドラマ版では、永瀬廉が演じる。

映画版で友人役を松本潤が演じていたこともあり、
ドラマ版でも同事務所のタレントが演じるのではと
話題になっていた。
※Travis Japanの松田元太と発表された。


<旧ジャニーズ主演で同役リメイク作>


【原作】
「東京タワー」江國香織


【キャスト比較表】
東京タワー2005年2024年キャスト比較
※名前は映画とドラマで変更されているものあり。


 2005年公開映画 



2005年1月公開。興行収入16.3億円。
主演:黒木瞳、岡田准一

医大生の透(岡田准一)は、母親の友人で
セレクトショップオーナー詩史(黒木瞳)と
恋に落ちる。

透の友人・耕二役に松本潤。
耕二と関係を持つ川野喜美子役の寺島しのぶが、
第29回日本アカデミー賞優秀助演女優賞。

映画の結末は、原作と異なる。

 2024年ドラマ 


ドラマ版「東京タワー」

2024年4月20日から、テレビ朝日系で放送。
主演:永瀬廉
永瀬は恋愛ドラマ初主演。

原作や映画版では、
詩史はセレクトショップオーナーだったが、
板谷由夏が演じるドラマ版の詩史は、
世界からも注目を浴びる建築家となっている。

透の友人・耕二役は永瀬と同事務所の
Travis Japanの松田元太。
家庭教師先の主婦・川野喜美子(MEGUMI)を
誘惑する。


 2014年韓国ドラマ 



2014年3~5月、韓国・JTBCで放送。
JTBC開局以来の高視聴率を記録した。

江國香織の「東京タワー」を原案として制作。
原作とは設定が異なる。

天才ピアニスト・ソンジェ(ユ・アイン)と
人妻・ヘウォン(キム・ヒエ)の
切ない愛を描いた大人のラブストーリー。

バイク便のアルバイトで音大教授の依頼の
届け物を音楽祭に配達したソンジェ。
独学でピアノを習っていたソンジェは、
会場にあったピアノを衝動的に弾いてしまう。
それを聴いた教授は後日、ソハン芸術財団室長で、
自身の妻・ヘウォンの前で演奏させる。
教授の推薦でソハン音大を受験することになるが、
入試当日、ソンジェの母が交通事故で急死。
一度は諦めた大学だったが、教授に師事し勉強する。
ソンジェはヘウォンへの想いを募らせていく。

主人公たちが心を通わすピアノの連弾シーンや、
会話のみで聞かせるベッドシーンなど、
幅広い年齢層から支持を受けた。


関連記事
スポンサーサイト




PR

当ブログは、アフィリエイト広告を利用しています。

最新記事

アルバム

フリーエリア


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

「Amazonのアソシエイトとして、当メディアは適格販売により収入を得ています。」