「砂の器」映画版/ドラマ版 歴代キャスト比較

【原作】
松本清張の長編推理小説。
砂の器[松本清張]

映像化は、
・映画(1974)
・ドラマ(1962、1977、1991、2004、2011、2019)


※1962年のドラマ以外をキャスト比較

【キャスト比較表】
砂の器

※原作とは、設定や内容、役名が違う場合があります。


(1974年映画)
松本清張原作の映画の中でも高く評価されている作品。
脚本は橋本忍と山田洋次。渥美清が友情出演している。
原作では、和賀は前衛作曲家兼電子音響楽器研究科だが、
映画では、天才ピアニスト兼作曲家に変更されている。
1974年映画「砂の器」DVD/Blu-ray


(1977年ドラマ)
1977年、1時間枠で全6回で放送。
1985年、再編集してドラマSPとして放送。
松本清張が逝去した1992年、追悼番組として放映。
本浦千代吉の疾病は、精神疾患に変更されている。


(1991年ドラマ)
全1回で放送。
本浦千代吉はハンセン氏病患者ではなく、
犯罪を犯して息子とお遍路を装って逃亡を続けていたが、
駐在巡査だった三木謙一に自首したという設定に変更。


(2004年ドラマ)
全11回で放送。平均視聴率19.6%。
本浦親子の放浪の理由が、
千代吉が、集落の中でダム工事の投票に唯一賛成票を投じたという
いわれなき理由で村八分にされ、妻の急病時に医師から診療を拒否され、
病死したことに憤怒し、村中の家に放火し26人を殺害したためという設定。
2004年ドラマ「砂の器」DVD/Blu-ray


【中居正広主演作 その他キャスト比較】


(2011年ドラマ)
2011年2夜連続で放送。視聴率は第1夜16.6%、第2夜13.1%。
刑事・吉村弘(玉木宏)の視点で描かれている。
親子の放浪理由が千代吉が殺人容疑で逮捕され、
証拠不十分で釈放されたものの、村人からの疑惑の目に耐え切れず
息子を連れて放浪の旅に出たとされている。
2011年ドラマ「砂の器」DVD/Blu-ray


(2019年ドラマ)
2019年フジテレビ開局60周年ドラマとして放送。
平均視聴率は11.1%、瞬間最高視聴率は12.1%
父親が殺人犯という設定になっている。


関連記事
スポンサーサイト




フリーエリア

最新記事

アルバム

フリーエリア


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ